日本酒は高カロリーだから太りやすいって本当なの?

それに合わせて日本酒メーカーや蔵元でも、女性をターゲットにしたような爽やかでフルーティな飲み口やおしゃれなラベルのボトルの商品もたくさん販売されています。
このように日本酒のイメージはかなり変化していますが、それでも「日本酒はお米からできているから」「甘いから」などと言った理由で太ってしまうと敬遠している人もいるようですが、それって本当なのでしょうか。

お酒のカロリーってどれくらい?

肥満の原因のひとつはカロリーの高さですが、はたして日本酒のカロリーはどれくらいなのでしょうか。
日本酒のカロリーは100mlあたりだいたい103kcalです。
ビールで40kcal、発泡酒で45kcal、ワインで73kcal、焼酎(乙類)で146kcal、ウイスキーやブランデー237kcal、ウオッカ240kcalと、他のお酒と比べるとビールやワインより高めですが、焼酎や洋酒よりは低めといえます。
ただカロリーだけでみればそうですが、ビールはカロリーは低くてもアルコール度数も日本酒より低いのでたくさん飲みがちですよね。
一方、洋酒はカロリーは高いけれどもあまりたくさん飲むことはできないので、結局最終的な摂取カロリーはさほど変わらないともいえるわけです。
だから、日本酒はカロリーが高いので太りやすいけれどもビールなら大丈夫、というわけでもないということです。

実はお酒のカロリーは太りにくい?

そもそもお酒のカロリーは、糖質や脂質よりも優先的に熱として身体から放出される「エンプティカロリー」だといわれています。
お酒を飲むと、身体が熱くなったり顔が赤くなったり火照ったりしますよね。
これはお酒に含まれるアルコールのエンプティカロリーが熱として体外に放出されているからです。
つまりこれくらいすぐにカロリーが消費されて体外に放出されているのですから、お酒のカロリーは太りにくいといえるのです。