太るのはお酒のせいじゃない。お酒を飲んでも太らないようにするコツ

日本酒はお米が原材料なので、太りやすいと思ってしまうのも無理はないかもしれません。
けれども、日本酒とその他のお酒のカロリーを比較してみると、必ずしも日本酒のほうがカロリーが高いというわけでもないのです。

お酒を飲むと太るのはお酒のせい?

確かにビールや発泡酒、ワインと比べると日本酒のほうが高カロリーですが、焼酎やウイスキー、ブランデーより低カロリーです。
またアルコール度数の低いビールは一度にたくさん飲みがちですが日本酒や焼酎、洋酒などは多くは飲めないので、最終的にカロリー摂取量はさほど違わないということもあり得ます。
お酒を飲むと身体が熱くなったり顔が赤くなったりしますが、これはお酒の持つカロリーが糖質や脂質よりも優先的に熱として放出されるからです。
つまりこれほどすぐにエネルギーとなって体の外に出てしまうので、そもそもお酒のカロリーは太りにくいといえるのです。

カロリーの低いおつまみにしよう

「でもお酒を飲んでいると体重が増えてきた」という人も少なくないでしょう。
実は、日本酒に限らずお酒を飲むと太るほとんどの原因はおつまみのせいなのです。
「本当の酒飲み」以外の人の大半は、お酒を飲みながらおつまみを食べます。
お酒のつまみは味が濃かったりカロリーの高いものが好まれるのですが、これらが肥満の原因となっているというわけなのです。
したがって、お酒を飲んでも太りにくくするためには、なるべくカロリーの低いおつまみを選ぶことが大切です。

量を控えよう

また、飲み過ぎもNGです。
カロリー控えめのおつまみを選んでも、その分お酒の量が増えれば同じことです。
お酒の量を抑えるには、ゆっくり飲むようにしましょう。
コップで飲むよりも小さなおちょこのほうが好ましいですし、お酒の途中でソフトドリンクや水を飲むとお腹が膨れてお酒の量を減らすこともできるかもしれませんよ。