ビールに日本酒、洋酒、いろんなお酒のうんちくを知ろう

お酒にはいろいろな種類があります。
ビール、日本酒、洋酒、ワイン、焼酎といったところがよく飲まれていますよね。
アルコールならなんでもいいという酒飲みも少なくありませんが、これらのひとつの種類だけにこだわる酒好きもいます。
ここで、お酒の種類別のうんちくを少し紹介しておきましょう。

ビールって何?

まずは、最も日常的に飲まれているお酒、ビールから始めることにします。
暑い夏や風呂上り、運動で汗をかいた後など、冷たく冷やしたビールをゴクゴクのどに流し込む…、いやーっ、たまりませんよね。
近年では少しでも出費を抑えたいという消費者のニーズもあって、発泡酒や「新ジャンル」といわれるビール飲料も人気です。
これらのビール飲料もメーカーによって改良が重ねられ、味はかなり本物のビールに近づいてきています。
とはいえ、日ごろはそういったビール飲料を飲んではいても、本音を言えばやはりビールのほうがいいと思っている人もたくさんいるはずです。
だから、ここではビールについての知識を紹介しておきましょう。

ビールの定義とは?

日本の酒税法で定められているビールの定義とは、

  • 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたものでアルコール分が20度未満
  • 麦芽、ホップ、水、及び麦その他法令で定める物品を原料として発酵させたものでアルコール分が20度未満

ただし、その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が麦芽の重量の10分の5を超えないもの
となっています。

ビールと発泡酒、新ジャンルの違い

発泡酒や新ジャンルのビール飲料は、政令で定める麦や米、とうもろこし、ばれいしょ、でんぷんなどの品物を麦芽の半分以上使っています。
これらの使用割合が多くなると原価を下げることができるので、ビール飲料は本物のビールより安いというわけです。
ビールの味わいは麦芽以外の材料の割合などに左右されます。
これらの割合が少ないほど麦芽の特徴が強く出るので味わいのあるビールとなり、副原料が多くなるとたんぱく質やアミノ酸などが少ないすっきりした味わいになります。
一口にビールといっても種類はさまざまで、主に製造方法や原材料によって分類されています。
酵母の種類によって分類されたり、熱処理の有無によって分けられたり、麦芽100パーセントかそれ以外の副材料を使用しているかによっても分類されますし、淡色か中濃色か、濃色かといった色によっても分けられます。

日本酒の概要

次は、日本酒です。
昔は「ライスワイン」などとして海外で知られていましたが、最近では「サケ」で通じるほど外国でも日本酒の人気が高いです。
日本酒の良さは、いろいろなシチュエーションで楽しむことができる点にもあります。
冷酒のように冷やしてもよし、常温でもいけますし、冬の寒い日にはおでんを肴に熱燗で一杯、などは日本酒ならではの光景です。
ところで、日本酒って「吟醸」や「本醸造」「純米」などに分かれていますし、吟醸でも「純米大吟醸」や「純米吟醸」というものもあってややこしいと思っている人もいるのではないでしょうか。
これらの違いや特徴を知ることが日本酒選びでは重要なポイントとなるのですよ。

大吟醸、吟醸、純米って何がどう違うの?

まず、大吟醸と吟醸の違いを説明しましょう。
日本酒は酒米を原料としていますが、米をそのまま使用せずに雑味のある「ぬか」の部分を削って醸造します。
削って残った部分の割合を精米歩合といい、この精米歩合の違いが大吟醸と吟醸の違いでもあるのです。
大吟醸は精米歩合が50パーセント以下、つまり半分以上を削っているので雑味が少なくいわゆる「端麗」となります。
吟醸は精米歩合が60パーセント以下で、大吟醸と比べると米の「穀物っぽさ」を感じるかもしれません。
さらに本醸造は精米歩合が70パーセント以下となります。

そして「純米」とついているのは酒米だけで醸造されたもので、口当たりが非常に柔らかく米の味わいが感じられるので「芳醇」や「うま口」と形容されます。
純米がついていなければ醸造用アルコールが添加されており、これによりキレがでて、いわゆる「辛口」でシャープな口当たりになります。

日本酒選びのポイント

日本車の種類は非常に多くまた醸造方法も異なるので初心者にはなかなか選び方が難しいかもしれませんが、押さえておくべきポイントを紹介しておきましょう。
まず、甘口か辛口かをチェックしましょう。
甘口は口当たりが柔らかく飲んだ後の余韻が楽しめるというもので、辛口はシャープな口当たりでスッキリした飲みあとといえます。

この二つを飲む前に判断するためには、日本酒度と酸度が気になる基準となります。
日本酒度がプラスであればあるほど辛口、マイナスであればあるほど甘口で、+6.0以上で大辛口、−1.4〜+1.4が普通、−6.0以上が大甘口と覚えてそれぞれの度数で判断すればいいでしょう。
酸度は高いほうが辛口、低いほうが甘口となります。
その他、冷で飲むのか、燗で飲むのか、アルコール度数はどうかなどによっても選ぶお酒は変わってくるので、最初はこれらを目安にいろいろ試して自分に合ったものを見つけるのが手っ取り早いですね。
また、飲んでいるうちに口当たりや味の好みなども変わってくることもあるので、楽しみ方はたくさんあります。

多岐に及ぶ洋酒の種類

そして洋酒ですが、これはビールや日本酒以上に種類が多くて複雑です。
実は日本で従来作られてきた日本酒や焼酎以外のアルコール、つまり厳密にいえばビールも洋酒のカテゴリーになるのですが、一般的には西洋から渡来した酒を指します。

いろいろな洋酒たち

まず最も知られて身近な洋酒というとウイスキーかと思いますが、概要はライ麦や大麦、小麦などを原料とした蒸留酒をいい、産地による分類と材料による分類に大別されます。
産地による分類は、スコッチやアイリッシュ、バーボン、テネシー、カナディアンなどがよく知られていますが、最近ではジャパニーズウイスキーも有名になっていますよね。
材料による分類では、モルトやグレーン、ブレンデッド、ライ、コーンなどがあります。

ブランデーもよく聞く洋酒の種類で果実酒から作った蒸留酒を指し通常は白ブドウが原料のものをいうのが一般的ですが、リンゴやプラム、木いちごなどを主原料とするものもあります。
ブランデーにもいろいろな種類があり、コニャックやピスコなどがよく知られているかと思いますが、この名前は産地によるものです。

この他にも、サトウキビを原料として西インド諸島が原産の蒸留酒であるラムや大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀物が原材料の蒸留酒ウオッカ、リュウゼツランから作られる蒸留酒テキーラなども有名です。
リキュールもよく耳にする洋酒ですが、これは蒸留酒に果実やハーブなどを加えて香りを移して砂糖やシロップなどを添加した混成酒で、香草・薬草系、果実系、ナッツ・種子系、その他の4種類に分類されます。

いろいろなお酒をもっと楽しもう

ブランデーもワインもブドウを原料としていますが、ブドウジュースを発酵させたものがワインで、発酵させたのちに蒸留・熟成させたものがブランデーです。
またウイスキーもビールも原料は大麦ですが、ビールはそれを発酵させただけ、ウイスキーはその後蒸留・熟成させているという違いがあります。

お酒にはまだまだワインや焼酎など多くの種類がありますが、ただ単に飲むのではなく、どのようにして作られているか、同じように見えるお酒でも何がどう違うのかなどを知ることで、お酒の楽しみ方も大いに深まることでしょう。